So-net無料ブログ作成

TASCAM、日本語メニュー&パネルになったICレコーダー「DR-05」 [TASCAM]

スポンサードリンク




DR-05 VER2-JJ

ティアックは、「TASCAM」ブランドより、リニアPCMレコーダー「DR-05」の日本語メニュー表示/日本語パネルバージョン「DR-05 VER2-JJ」を発表。11月中旬より発売する。

同社の定番リニアPCMレコーダー「DR-05」が、日本語メニュー表示対応モデル。ユーザーから要望の多かった日本語メニュー表示/日本語パネルとなり、より直感的な操作ができるようになった。

なお、従来の「DR-05」「DR-05 VERSION2」も、無償の最新ファームウェアにアップデートすることで、日本語メニュー表示が可能になるとのことだ(「DR-05 VER2-JJ」の日本語メニュー表示と異なるが、搭載する機能に違いはない)。

性能面では、24bit/96kHzのハイレゾフォーマットに対応し、コンパクトボディながらマイクユニットを備え、高音質録音が可能。また、A-B方式の無指向性ステレオマイクユニットを搭載し、全周囲の音を均等に収音できる無指向性タイプであるため、置き場所や向きの影響を受けにくく、臨場感ある音で録音できる。

マイクユニットは一般的な映画館の音量105dB SPLの10倍に相当する125dB SPLに耐える高耐音圧タイプを採用し、ロックバンドのコンサートにおいても歪まない音で録音すできる。

このほか機能面では、過大な入力音を感知し自動的に入力レベルを自動で下げるピーク検出機能を搭載。一般的なオートレベル機能と異なり音量が上下することなく、音楽録音において演奏者の音量表現を保ったまま録音可能だ。

さらに、再生機能も充実。ループ再生や音程を変えずに再生速度を可変するVSA機能や、音に響きを与えるリバーブエフェクト、既存音源に新たな録音を重ねるオーバーダビング機能を搭載した。

主な仕様は、電源が単3形電池×2もしくはパソコンからのUSBバスパワー(専用ACアダプター「TASCAM PS-P520E」は別売り)。本体サイズは61(幅)×141(高さ)×26(奥行)mm。重量は164g(電池を含む)。

価格はオープン。




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。