So-net無料ブログ作成
SANYO サンヨー ブログトップ

三洋、"飛び出す"「指向性ズームマイク」で高音質を実現したPCMレコーダー [SANYO サンヨー]

三洋電機は13日、飛び出すズームマイクを採用し、指向性をワンタッチで切り替えることが可能なリニアPCMレコーダー「ICR-PS511RM」を発表。発売は26日を予定しており、価格はオープン。推定市場価格は1万5,000円前後。



リニアPCM(最高48kHz)&MP3(最高320kbps)の録音に対応する、リニアPCMレコーダー「ICR-PS511RM」(右は「指向性ズームマイク」を引き出した状態)。カラーはシルバーのみ



今回発表されたICR-PS511RMは、ビジネスモデル「ICR-PS504RM」と「ICR-PS502RM」の後継機。ユーザーからの「高音質」と「かんたん操作」という要望に応える多彩な機能を新たに搭載している。



まず、音質面での最大の進化は、前方正面の集音性に優れ、セミナーや講義などに適した"飛び出す"「指向性ズームマイク」と、周囲の音を360度バ
ランス良く集音できる「全方向性ステレオマイク」の搭載。指向性ズームマイクは、ポップアップすることにより、キャンセル穴が拡大し、高い指向特性が得ら
れるほか、指向性をワンタッチで切り替えることが可能となっている。



マイクの強化は新モデル最大の特徴。3つのマイクで高音質を実現した。指向性ズームマイクをポップアップした際のキャンセル穴は従来比8倍になるという



また操作性を向上させるため、可動するマイクは、おまかせ最適録音機能である「録音シーンセレクト」とも連動。各マイクポジションに録音シーンをあらかじめ設定しておくと、マイクポジション切り替え時に設定したシーンを一発で呼び出せる。



「ダイレクトシーン設定」で各マイクポジションの録音シーンを設定



さらに4GBの内蔵メモリーに加え、別売りのmicroSD/SDHCカードも使用可能な「新・Wメモリシステム」を備え、メモリー間のファイルコピーやファイル移動も可能になった。



従来モデル(左)と比べ、ボディや液晶がひとまわり大きくなり、視認性と操作性をアップ。状況に合わせて、ボタンの役割が変わる「マルチファンクションボタン」も採用した

独立ボタンが増加。使いたい機能にダイレクトにいけるようにしたほか、前面のボタンを真ん中に配置することで右利き・左利きどちらでも利用しやすいように配慮したという



このほか、多彩なファイル検索、本体だけで行える「ファイル分割&統合&消去」機能、「MP3&WMA音楽再生」、音程を
変えずに再生スピードを調整できる「21段階再生スピード調節」(MP3再生時)、語学学習に便利な「A-Bリピート再生」、聞き逃したところを少し戻っ
て聞き直せる「センテンス再生」などの機能を盛り込んでおり、初めての人にも使いやすいように「音声ガイドDX(デラックス)&なるほどヘルプ表
示」も備える。



パソコン接続に便利な「スライド式USBダイレクト接続」

録音した日から検索可能なカレンダー検索など、多彩なファイル検索機能も搭載



電源は単4形eneloop充電池1本を使用し、PCに接続するとeneloopの充電も行われる
(アルカリ乾電池も使用可能)。本体サイズは約39.9(W)×約108.3(H)×奥行約14.1mmで、重さは約61g(電池含む)。

ICRで効果音を録る


三洋、シーンに合わせて3ポジションに可動するマイクを備えたICレコーダー [SANYO サンヨー]

三洋電機は11日、ICレコーダー「ICR-PS515RM」を発表した。発売は11月26日を予定している。価格はオープンで、推定市場価格は2万円前後。



ICR-PS515RMは、世界初となる「3WAYロータリー&低域補正マイクシステム」の搭載を最大の特徴とするICレコーダー。同シス
テムは、3ポジションに可動するステレオマイクに、低域補正用の無指向性マイク1本を加えたもの。ステレオマイクは、本体の右上に装備されたダイヤルを回
すことで、「ワイド」「ズーム」「X-Y」の3種類のポジションに切り換えることが可能。ワイドポジションではステレオ感の強い録音、ズームポジションで
は、一方向からの音のみを強調、X-Yポジションではステレオ感を持たせつつ、センター方向を中心とした集音を行う。



また、ポジションの切り替えは、録音シーンセレクト機能とも連動。マイクのポジションを選択すると、そのポジションにマッチしたシーン設定が呼び出
される。また、低域補正用マイクは、音楽録音時はオン、会議などの録音時にはオフといったように、シーンによって切り換えられる。



ICR-PS515RMのマイク部分。可動タイプのステレオマイクと、低域補正用の無指向性マイクが組み合わされている


録音フォーマットは、MP3形式とリニアPCM形式に対応。MP3形式は32kbps/64kbps/128kbps/192kbps
/320kbpsの5段階のビットレートを利用可能だ。またリニアPCM形式では44.1kHz/48kHzの2種類のサンプリングレートを選択できる。
オートでの録音だけでなく、マニュアルで録音レベルをコントロールすることも可能。周波数帯域ごとに細かくレベルをコントロールする「録音イコライ
ザー」、空調のノイズなどを低減する「ローカットフィルター」なども装備する。再生可能なフォーマットは、MP3/リニアPCM(同機で録音したものの
み)に加え、WMA形式もサポート。最大ビットレートは、MP3形式が320kbps、WMA形式が192kbps。最大ビットレートの範囲内でVBRに
も対応する。また、再生時には、ノイズキャンセル、再生スピードコントロール、A-Bリピートなどの機能を利用可能だ。



メモリーは8GBを内蔵。さらに、microSD/SDHCスロットも装備する。内蔵メモリーとmicroSD/SDHCカード間でのファイルのコ
ピーや移動にも対応している。電源は、単4形電池×1。製品にはeneloopが付属する。また、PCとのダイレクト接続が可能なスライド式のUSBポー
トを備えており、eneloop使用時には、USBポートからの充電にも対応する。

高音質な効果音サイト


三洋、全方向性ステレオマイク搭載ICレコーダー [SANYO サンヨー]

[ICR-PS401RM(P)] [ICR-PS401RM(W)]

[ICR-PS401RM]

三洋電機は、リニアPCMレコーダー「Xacti SOUND RECORDER(ザクティ サウンドレコーダー)」シリーズの新モデル「ICR-PS401RM」を発表。11月26日より発売する。

低域から高域まで幅広く集音する、大口径の全方向性ステレオマイクを搭載。マイク開口部の大幅な拡大と配置の最適化により、明瞭性が高く、自然で臨場感あふれるステレオ録音ができるという。

録音フォーマットは、リニアPCM形式とMP3形式の2種類を用意。リニアPCM録音は、16bit/48kHzと16bit/44.1kHzの2種類、 MP3録音は、320/192/128/64kbps(ステレオ)と32kbps(モノラル)の5種類から選択できる。記録メディアは、4GBの内蔵フラッシュメモリーと、外部メモリーのmicroSDHCカード。メモリー間のファイルコピー&ファイル移動にも対応する。再生フォーマットは、PCM、MP3、 WMA、PDDRM-WMA。なお、PCM(WAV)は本製品で録音したデータのみとなる。

本体サイズは、39.9(幅)×98.8(高さ)×14.1(奥行)mmで重量54g(電池含む)。電源は単4形アルカリ乾電池1本で、駆動時間は録音が最大24時間、再生が最大18時間となる。本体カラーはピンクとホワイトの2色 。

 ICレコーダーを手に入れたら効果onヘ!


SANYO サンヨー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。