So-net無料ブログ作成

TASCAM、日本語メニュー&パネルになったICレコーダー「DR-05」 [TASCAM]

DR-05 VER2-JJ

ティアックは、「TASCAM」ブランドより、リニアPCMレコーダー「DR-05」の日本語メニュー表示/日本語パネルバージョン「DR-05 VER2-JJ」を発表。11月中旬より発売する。

同社の定番リニアPCMレコーダー「DR-05」が、日本語メニュー表示対応モデル。ユーザーから要望の多かった日本語メニュー表示/日本語パネルとなり、より直感的な操作ができるようになった。

なお、従来の「DR-05」「DR-05 VERSION2」も、無償の最新ファームウェアにアップデートすることで、日本語メニュー表示が可能になるとのことだ(「DR-05 VER2-JJ」の日本語メニュー表示と異なるが、搭載する機能に違いはない)。

性能面では、24bit/96kHzのハイレゾフォーマットに対応し、コンパクトボディながらマイクユニットを備え、高音質録音が可能。また、A-B方式の無指向性ステレオマイクユニットを搭載し、全周囲の音を均等に収音できる無指向性タイプであるため、置き場所や向きの影響を受けにくく、臨場感ある音で録音できる。

マイクユニットは一般的な映画館の音量105dB SPLの10倍に相当する125dB SPLに耐える高耐音圧タイプを採用し、ロックバンドのコンサートにおいても歪まない音で録音すできる。

このほか機能面では、過大な入力音を感知し自動的に入力レベルを自動で下げるピーク検出機能を搭載。一般的なオートレベル機能と異なり音量が上下することなく、音楽録音において演奏者の音量表現を保ったまま録音可能だ。

さらに、再生機能も充実。ループ再生や音程を変えずに再生速度を可変するVSA機能や、音に響きを与えるリバーブエフェクト、既存音源に新たな録音を重ねるオーバーダビング機能を搭載した。

主な仕様は、電源が単3形電池×2もしくはパソコンからのUSBバスパワー(専用ACアダプター「TASCAM PS-P520E」は別売り)。本体サイズは61(幅)×141(高さ)×26(奥行)mm。重量は164g(電池を含む)。

価格はオープン。


Wi-Fi接続対応のリニアPCMレコーダーDR-22WL [TASCAM]

Wi-Fiでのリモートコントロール、ファイル転送に対応した
シンプル操作のX-Y方式ステレオマイク搭載リニアPCMレ


発売以来大変ご好評いただいているリニアPCMレコーダーDRシリーズに、Wi-Fiによるリモートコントロール、再生モニタリング、ファイル転送を実現
した次世代モデルが登場しました。
さらに進化したオーディオサーキット、すぐに理解できるユーザーインターフェースとともに、ハンディレコーディングの常識を覆します。



『DR-22WL』は、だれでも簡単に高音質リニアPCM録音がお楽しみ頂けるよう、使いやすいユーザーインターフェースを追求したシンプルなモデルで、
管弦楽器やピアノ、アコースティックギターなど、アコースティック楽器を中心とした音楽録音に最適なモデルです。そのシンプルな操作性と高品質録音を活か
して、デジタル一眼レフカメラの動画撮影用レコーダーやインタビューの録音など、音楽以外の用途でもご活用いただけます。


また、スマートホンに無償の専用アプリをインストールすることで、遠隔操作、遠隔モニタリングが可能となり、手を触れずに本格的なレコーディングを楽しむ
ことが可能になります。再生、録音などの操作のみならずメーター表示、録音設定の変更などのワイヤレス操作も可能としたことで、手の届かない場所に設置し
てのレコーディングが可能になりました。音の良い場所を選んでマイクを設置する、「自由なマイキング」という楽しみがハンディレコーディングに加わりま
す。


さらに、Wi-Fi経由でのワイヤレスファイル転送も実現しました。アプリは音楽ファイル共有サービスSoundCloudと連携しており、録音後すぐに
スマートホンにファイル転送、スマートホンのインターネット接続を介し、その場からSoundCloudにアップロードできます。SoundCloudは
Facebook等SNSサービスとも親和性が高く、ライブ終演後すぐにFacebookのタイムラインに音源を表示させることも可能です。

もちろん高音質録音も追求し、マイクユニットやパーツ類は、社内音響評価施設での試聴評価を経て選定、調整が行われています。シンプル操作の『DR-22WL』が、自由なハンディレコーディングを提案します。

◆ ラインナップ


DR-22WL

DR-44WL

TASCAM リニアPCMレコーダー「DR-40」に新機能追加モデル [TASCAM]

[DR-40] [DR-40] [DR-40]

ティアックは、「TASCAM」ブランドのリニアPCMレコーダーの新モデル「DR-40」を9月下旬より発売する。


24bit/96kHzの高音質録音に対応したモデル。録りたい音源にあわせてA-B方式、X-Y方式を切り替えて使用できる可動型単一指向性ステ
レオコンデンサーマイクを搭載。耐音圧125SPLを実現しており、大音量でも安心して使用することができる。また、ファントム電源対応のロック付
XLR/TRSコンボジャック入力を本体底面に装備。+4dBuのラインレベル入力にも対応しており、こだわりのマイクを使用した録音から、業務用途の
バックアップ録音まで幅広く対応できる。


機能面では、通常の2トラックステレオ録音に加え、さまざまな活用が可能な4トラックモードを搭載。低いレベルでのバックアップ録音が可能なデュア
ルレコーディング、音楽制作に便利な非破壊オーバーダビング、内蔵マイクと外部入力の同時録音などを利用できる。再生機能では、入力音のピークを検出して
最適な録音レベルを自動設定する「ピークリダクション」機能や、音程を変えずに再生速度を0.5倍から1.5倍まで可変する「VSA」機能、楽器録音に便
利な「リバーブエフェクト」などを搭載。また、クイックメニュー機能により直感的な操作も可能となっている。


電源には、単3乾電池×3を使用(アルカリ乾電池またはニッケル水素電池)。本体に内蔵した乾電池のみで20時間以上の長時間駆動を実現。本体サイ
ズは、70(幅)×155(高さ)×35(奥行)㎜(マイク閉状態)で、重量213g。Mini
USBケーブル、SDカード(2GB)、ゴム足などが付属する。


価格はオープン。

 DR-40で録音してkoukaonに投稿する!


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。