So-net無料ブログ作成
オリンパス ブログトップ
前の3件 | -

オリンパス、「文字起こし」モードを搭載したICレコーダー「Voice-Trek DM-720」 [オリンパス]

Voice-Trek DM-720Voice-Trek DM-720Voice-Trek DM-720

オリンパスは、ICレコーダーの新モデル「Voice-Trek DM-720」を発表。1月22日より発売する。

議事録作成、文書化を効率的に行う、ビジネス向けの機能を搭載したICレコーダー。音声部分のみを再生できる「声だけ再生」を搭載しており、音声のない部分を自動的にスキップすることで再生時間を短縮することが可能だ。また、聞いて、止めて、戻してを繰り返す議事録作成のような作業では、再生再開時に頭切れを起こさないよう、自動的に3秒前から再生する「文字起こし」モードを備える。

録音性能では、高性能指向性ステレオマイクに加え、無指向性のセンターマイクを加えた3マイクシステム「TRESMIC」を搭載。低音域から高音域まで幅広い音域を、原音に近い自然な音で録音することができる。

録音形式は、リニアPCM(WAV)とMP3に対応。リニアPCMでは、48kHz/16bitの録音が可能だ。内蔵メモリーは4GBで、外部メモリースロットとしてmicroSD(2GB~32GB)に対応する。

このほか、電源は単4形アルカリ乾電池×1本または単4形ニッケル水素充電池×1本。バッテリー駆動時間は、アルカリ電池使用時で約52時間(録音時最長)/約35時間(イヤホン再生時最長)。

本体サイズは39.6(幅)×105.9(高さ)×14.4(奥行)mm。重量は72g(電池含む)。ボディカラーは、シルバー、ブラック、レッドの3色を用意する。

市場想定価格は13,000円前後(税別)。


オリンパス、指向性マイク2つを外側に向けて配置したICレコーダー [オリンパス]

Voice-Trek V-843Voice-Trek V-842

オリンパスは、ICレコーダー「Voice-Trek(ボイストレック)」の新モデルとして、「Voice-Trek V-843」「Voice-Trek V-842」を発表。11月6日より発売する。

ローノイズの指向性マイク2個を90度の角度で外側に向け配置した「トゥルーステレオマイク」システムを搭載したICレコーダー。会議や商談での発言者の方向に加えて、距離感までリアルに捉えられる、臨場感あふれる高音質ステレオ録音を実現する。

また、録音する環境や音声の大小に合わせてマイクの感度を自動調整する「ボイスチェイサー」、必要な情報を大きな文字で表示して操作できる「シンプルモード」などの機能も備えた。さらに、本体にUSB端子を内蔵。スライドレバーと連動しており、必要に応じてワンタッチで使用できる。また、「Voice-Trek V-843」では、パソコン接続時に本体の充電が可能だ。

加えて、「Voice-Trek V-842」は「音声フィルター」機能を搭載し、音声以外の低音域と高音域をカットして音声をクリアに再生。「Voice-Trek V-843」は「ボイスバランサー」機能を備えており、「音声フィルター」機能に加えて、複数の発言者が混在した場合に小さな音は大きく、大きな音は一定レベル以上にならないよう聞きやすい音量で再生する。

このほか、内蔵型フラッシュメモリーは「Voice-Trek V-843」が8GB、「Voice-Trek V-842」が4GB。いずれも最大32GBのmicroSDHCカードをサポートする。電池持続時間は、アルカリ電池使用時で約110時間(録音時最長)/約90時間(イヤホン再生時最長)。

本体サイズは39(幅)×111.5(高さ)×18(奥行)mm(最大突起部含まず)、重量は77g(電池含む)。ボディカラーは、「Voice-Trek V-843」がピアノブラック、シャンパンゴールドの2色、「Voice-Trek V-842」がシルバー、ブルー、ライムグリーンが3色を用意した。

価格はいずれもオープン。


オリンパス 全指向性マイクを搭載したスティック型ICレコーダー [オリンパス]

Voice-Trek VP-10 Voice-Trek VP-10 Voice-Trek VP-10

オリンパスは、スティックタイプのICレコーダー「Voice-Trek VP-10」を発表。4月17日より発売する。


スティックタイプでコンパクトなボディが特徴のICレコーダー。録音時に相手に意識させずに自然な雰囲気で使用できるという。また、本体にはUSB
端子を内蔵し、カバーを外すだけでパソコンへ直接接続することが可能だ。ケーブルなしでパソコンとデータのやり取りができるほか、パソコンから本体内に充
電でき、USBメモリーとしても活用できる。


機能面では、胸ポケットに入れての録音時などに、自分の声だけでなく広範囲の音をしっかり集音する「全指向性ステレオマイク」と、ポケットの中での
ガサゴソ音を低減する「擦れ音フィルター」を搭載。音の周波数特性の違いを判別する独自技術により、雑音のみを低減することができる。


さらに、電源OFFのままでも「REC」スイッチをONにすれば、すぐ録音が開始されるワンタッチ録音に対応。加えて、録音時に空調やプロジェクターのファンの音などをカットする「ローカットフィルター」機能を備えており、屋外で風が強い時などに便利だ。


主な仕様は、録音形式がリニアPCM/MP3/WMA、内蔵型フラッシュメモリーが4GB。総合周波数特性は、PCMが
22.05kHz(16bit)で50Hz~10kHz、MP3が128kbpsで50Hz~17kHz、WMAが32kbpsで50Hz~13kHz、
5kbpsで50Hz~3kHz。


記録時間はリニアPCMで約12時間、MP3で約66時間、WMA32kbpsで約258時間/5kbpsで約1620時間。最大録音件数が999件。


電源は単4形ニッケル水素充電池もしくはアルカリ乾電池×1(別売りのACアダプター「A514」も対応)。本体サイズは17(幅)×130(高
さ)×17(奥行)mm(最大突起部含まず)。重量は37.5g。ボディカラーはメタリックブラックとパールホワイト。USB延長ケーブル、単4形ニッケ
ル水素充電池などが付属する。


市場想定価格は10,000円前後(税抜)。


前の3件 | - オリンパス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。