So-net無料ブログ作成

ラインナップに変化、第3世代Mboxはいつが買い時? [DTM DAW]

第3世代Mboxファミリーとは

第3世代のMboxファミリー

第3世代になったMboxファミリー

MboxはAvid Technology(旧Digidesignのことですが、昨年ブランドをDigidesignからAvidに完全に切り替えました)が開発・販売するDTMパッケージで、DAWのソフトウェアであるPro Tools SoftwareとオーディオインターフェイスであるMboxを組み合わせたというものです。

初代Mboxがリリースされたのは2002年。当時はUSBオーディオインターフェイスとPro Tools LE 6とのセットでMacとWindowsのハイブリッドであることから大きな話題となりました。

さらに2005年には第2世代となるMbox2ファミリーが登場。こちらは上からFireWire接続のMbox2 Pro、USBのMbox2、Mbox2 Mini、そして再生専用のMbox2 Microと4つのラインナップとなりました。DAWのほうは当初はPro Tools LE 7、その後Pro Tools LE 8がバンドルされ、大ヒット製品となったのです。

そして2010年9月、Avidブランドに切り替った第3世代のMboxファミリーが発表されました。今回は
   Pro Tools Mbox Pro (FireWire)
   Pro Tools Mbox (USB 2.0)
   Pro Tools Mbox Mini (USB 1.1)
と3つのラインナップとなり、ソフトはPro Tools LE 8が継続してバンドルされて発売されたのです。特に上位2機種はマルチポートの入出力が可能でDSPを搭載するなど、これまでのMboxファミリーよりもかなり優れたハードウェアとなっていました。

クロスグレードでPro Tools 9を入手する!?

Pro Tools 9

LEとは位置づけが大きく変わったPro Tools 9

その一方で、昨年末にリリースされて、DTM界の台風の目のような存在となっているのが、63,000円という価格で発売されたPro Tools 9です。これはPro Tools LE 8のバージョンアップ版という位置づけながら、従来のPro Tools LEがMboxなどDigidesign製品でしか動作しなかったのに対し、他社のオーディオインターフェイスでも動作するようにオープン化が図られたのです。

しかも、自動遅延補正機能を搭載するなどプロ御用達のレコーディングシステムであるPro Tools|HDとかなり近いスペックにまで進化したため、多くのプロユーザーでもこれで十分ではないか、という内容になっているのです。

そのPro Tools 9、初めてのユーザーがソフトウェア単品で購入すると63,000円なのですが、第2世代のMbox2または第3世代のMboxの登録ユーザーであれば、クロスグレード版を入手することが可能で、こちらの価格は26,250円とかなり割安になっています。

しかも、前述のPro Tools LE 8のバンドル版のMboxファミリーが最近、急に販売価格が下がっているため、かなりお買い得な状況になっているのです。

みんなの効果音!


2011年はCubase 6,SONAR X1,ProTools 9 三つ巴の戦い [DTM DAW]

今、注目のDAWはProTools 9,SONAR X1,Cubase 6の3つ


これからDAWを使ってみようという人にとっても、これまでなんらかのDAWを使ってきた人にとっても、やはり新しいDAWは気になるところです。
基本的には慣れ親しんだDAWの新バージョンへの乗り換えとなるでしょうが、このタイミングでDAW自体を乗り換えてみるという検討の余地もあるでしょ
う。


今、多くのソフトがDAWと名乗っていますから、国内外のものを含め数多くのDAWがあります。その中でも現在注目を集めているのはここ最近にリリースされた

   ●ProTools 9 (Avid Technology)

   ●SONAR X1 (Cakewalk)

   ●Cubase 6 (Steinberg)

の3つでしょう。特に、口火を切ったProTools 9はある意味、新規参入ともいえるもので、低価格化されたことで台風の目のようにもなっているのです。

 


ハードプロテクトがなくなったProTools 9


ProTools 9

台風の目となっているProTools 9


ご存知のとおりProToolsはプロのレコーディングの世界ではデファクトスタンダードとなっているシステムです。その廉価版ともいえるProTools LEというものがあり、Mboxシリーズと呼ばれているオーディオインターフェイスとセットで販売されてきました。



このProTools LEはオーディオ、MIDIが扱えるDAWではありますが、Mboxなどのハードウェアがないと動作しないプロテクトがかかっていたため、DAWの中ではやや「別モノ」という見られ方をしていました。



ところが先日リリースされたProTools LE 8の後継であるProTools
9は、そのハードウェアプロテクトを廃し、WindowsであればASIOドライバ、MacならばCoreAudioドライバに対応していれば使える
DAWへと変身するとともに、トラック数やバス数などが大幅に強化され、まさにCubaseやSONARなどと競合するソフトへと変わったのです。



しかも日本での価格が63,000円と、ほかのDAWよりも安く設定されたために、大きな注目を集めているのです。



ちなみにブランドはDigidesignからAvid Technologyへと変わり、Mboxの新シリーズなどもすべてAvidへと統一されています。

UIを大きく変更したSONAR X1


SONAR X1

UIが大きく変わったSONAR X1


毎年年末にバージョンアップを繰り返し、どんどんと進化してきたCakewalkのSONAR。前回のバージョンアップではSONAR
8からSONAR 8.5という、やや中途半端なバージョンアップに留まっていました。次はSONAR
9かと思っていたら、昨年末にリリースされた新SONARは名前をSONAR X1と大きく変えてきたのです。



実は見た目には地味なチェンジだったSONAR 8から8.5で、内部のエンジン部分を大きく改良していたのですが、その分、今回のSONAR X1はユーザーインターフェイスの革新に注力していたのです。



PCディスプレイのワイド化に合わせ、フルHDのディスプレイ上で効率よく作業できるようなUIに変わっているのです。一言でいえば、マルチウィンドウではなくシングルウィンドウで作業できるよう最適化が図られているのです。



見た目が大きく変わっただけに従来からのSONARユーザーが使うと最初は違和感もあると思います。ところが触って10分もすれば、もう元には戻れないと感じるほど、使いやすくなっているのです。



もちろん、見た目だけでなく、プラグインなども強化され、充実しています。また上からPRODUCER、STUDIO、ESSENTIAL(さらに、バン
ドルソフトとしてSONAR X1 LEも登場)というラインナップで、従来あったHome
Studioがなくなり、分かりやすくなったのも大きな特徴となっています。



【関連記事】

SONARの新バージョン、SONAR X1が登場

とにかく使いやすいSONAR X1のブラウザ機能

 


より完成度が高まり、価格も下がったCubase 6


Cubase 6

価格が下がり機能的にも充実したCubase 6


3つのDAWの中で最後の登場となったのがSteinbergのCubase
6です。これまでCubaseだけは各種DAWの中で10万円強と、高価でなかなか手を出しにくかったのですが、ProTools
9の価格の影響なのか、SONAR X1 Producerが実売8万円前後と下げた影響があったのか、Cubase
6も8万円前後へと価格を下げました。



また従来あったCubase Studo 5はCubase Artist 6と名前を変えるとともに4万円前後に設定されています。



見た目上、それほど大きな変化はないのですが、やはりいろいろな機能が強化されています。ギターアンプシミュレータなどのプラグインが搭載されたり、VST 3.5という規格が登場し、よりMIDIデータを多彩に編集できるようになっています。



そうした中で面白いのが、テンポの抽出機能の搭載です。生ドラムを叩いたフレーズなどをトラックに流し込むと、そのビートからテンポマップを作成してくれるので、そのノリでデータを作り上げることが簡単にできるのです。



もちろんほかにも、いろいろな機能が追加されていますが、価格的に買いやすくなったのが大きなポイントかもしれません。

効果ON!

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。