So-net無料ブログ作成
ヘッドフォン ブログトップ

タイプ(形)で選ぶヘッドホン・イヤホン [ヘッドフォン]

大雑把にですが、ヘッドホン・イヤホンは、いくつかのタイプに分けることができます。



イヤホンの特徴とおすすめ機種


まず、イヤホンから。両耳に装着し「鼓膜入力」する最小型スピーカーのイヤホンは、ずっと携帯ラジオやウォークマンの付属物でしたが、iPodの出現で携
帯音楽プレーヤーがリスニングの主役になったことで、一躍、世界中の人たちの最もメジャーな音楽の接点になりました。イヤホンは大きく分けて、「インナー
イヤー型」と「カナル型」の2タイプがあります。





安価で、脱着しやすい「インナーイヤー型イヤホン」


ポケットラジオ、ICレコーダー、かつてのウォークマンから現代のiPodまで必ず付属している最もシンプルでコンパクトなタイプ。本体振動板開口部側を
外耳道入り口にそのまま押入れて使用します。千円未満の使い捨て製品からマイク通話機能付きで一万円を超える高機能タイプまで選択肢が豊富です。



インナーイヤー型イヤホンの第一の特徴は安価なこと。一つの携帯プレーヤーにイヤホンがいくつあってもいいのですから、デザインやカラーを変えてファッ
ションとコーディネートしその日の「耳のパートナー」を気軽に選ぶ楽しさがあります。万が一なくしてもそれほど惜しくありませんし。



第二の特徴が脱着しやすいこと。入れやすく外しやすいのですが、逆に言うと量産を前提にシンプルな形状で万人に合わせて最大公約数的に設計されていますので、装着時の一体感が低く脱落しやすいともいえます。



脱着のしやすさゆえ、遮音性能が低いことがデメリット。電車の車内で「シャカシャカ」と耳障りに音漏れしているのはこのタイプ。裏返せば防音性能も低く、大音量で再生しがちで耳の健康を害する心配もあります。



こうしたメリット・デメリットから、外の情報が聴こえた方がいい状況で短時間使用するのに向いています。ジョギングやサイクリング、乗り継ぎが多い短時間の電車乗車時、会議でICボイスレコーダーをモニターする場合にピッタリと言えます。





おすすめのインナーイヤー型イヤホン


ゼンハイザー PMX680 SPORTS

ドイツのヘッドフォンブランドのゼンハイザーと、世界的なスポーツメーカーであるドイツ・アディダス社が初めてコラボレーションしたスポーツ向けイヤフォン。音質はもちろんのこと、耐水性と装着感にも優れています。



iPhone対応のマイクコントローラを搭載。3タイプがあり、PMX 680iはネックバンドタイプのインナーイヤホン、CX680iはカナル型、OMX 680iとMX 680iがインナーイヤホンとなり、OMXが耳かけタイプの装着スタイルとなります。



オーディオテクニカ ATH-EC707


スイングアジャストイヤハンガー機構により動きに強く安定装着ができ、自然なフィット感が味わえるインナータイプ。



φ14.8mmドライバーで細部の音まで綿密に表現、精密切削アルミ合金と可動ハウジングで優れた装着感を維持し音抜けを防止し、自然な響きでクリアな広
帯域再生が楽しめる専用ダクトを採用します。0.6m+0.6m延長コードでヘッドホンアンプとの接続もしやすい。音にこだわる男性向きインナーイヤータ
イプ高機能モデルです。


ヘッドフォン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。