So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ローランド、リニアPCMレコーダの新機種「R-09HR」 [EDIROL]

ローランドは、ドイツ・フランクフルトで開催中の楽器ショー「musikmesse 2008」で発表したリニアPCMレコーダ「EDIROL R-09HR」の国内販売を28日より開始する。価格はオープンで、予想実売価格は40,000円前後。




R-09HR(左)と従来機種のR-09(右)




R-09HRは、非圧縮PCMのWAVおよびMP3での録音が可能なポータブル・リニアPCMレコーダ。リニアPCM録音は、従来機種の「R-
09」では最大24bit/48kHzまでの対応となっていたのに対し、R-09HRは最大24bit/96kHzに対応。ローランド独自のアナログ回路
「IARC」(Isolated Adaptive Recording
Circuit)を搭載し、高音質録音を手軽に行える。内蔵ステレオマイクはマイク本体、基盤ともに新設計。マイクハウジングは基盤から分離し、ゴム素材
のダンパーで覆ったフローティング構造を採用。R-09に比べ残留ノイズレベルを約10dB低減しているという。




最大24bit/96kHzのリニアPCM録音に対応し、再生機能も強化されたEDIROLの新リニアPCMレコーダ「R-09HR」

R-09HRには遠隔操作を行えるワイヤレスリモコンが標準で付属





R-09HRは、SD/SDHCカードスロットを搭載し、製品には512MB
SDカードが付属する。電源は単三乾電池2本で、アルカリ乾電池および内蔵マイク使用時で約4.5時間の録音が可能。また、ACアダプタでの動作にも対応
しており、ACアダプタも標準で付属している。



同製品の有機ELディスプレイはR-09に比べ、面積が約2倍に大型化。録音/再生や入力レベル調整、録音ファイルの分割などを遠隔操作できるワイ
ヤレスリモコンも標準で付属する。本体背面には小型スピーカーを搭載、ヘッドフォンを接続せずに、録音ファイルの再生確認も可能となった。




オプションも同時発表。外付けマイク「CS-15」などはR-09との共用オプションだが、本体のサイズが異なるため、カバー・スタンド・セットやポーチはR-09HR専用のものが新たに用意されている

発表会では弦楽四重奏やジャズトリオの生演奏が行われ、R-09HRで実際に録音を体験




再生機能も強化され、再生速度を50~150%と10段階で切り替え可能。リバーブは4種類のモードが用意され、それぞれ10段階で調整できる。波
形編集ソフトとして「AUDIO CREATOR
LE」(Windows版)が付属。USBポートからパソコンへ録音ファイルを転送し、波形編集を行うことも可能だ。



R-09HRのサイズは、62.0×112.9×27.0mm、重量は174g(電池、SDカード含む)。オプションとして専用カバーと小型三脚が
セットとなったカバースタンドセット「OP-R09HR-C」(標準価格5,670円)、シリコンケース「OP-R09HR-S」(価格未定)、ポーチ
「OP-R09HR-P」(標準価格3,465円)などが同時に発表された。

 不気味な風の音を聞く


PCMレコーダーの本命、EDIROL R-09HR登場 最終回 [EDIROL]

リモコン操作により使い勝手が大きく向上


EDIROL R-09HR
標準で付属するリモコンでR-09HRをコントロールできる
ところで、このR-09HRで追加された新機能で、ほかのメーカーが出していなかったユニークな機能がリモコンです。

高品質な音で録音できるだけに、機材そのもののスイッチを操作する音が大きなノイズとなって入るのが気になるところですが、リモコン操作ができるようになったことで、そうしたノイズの心配もないし、スイッチを操作することで、設定位置がズレてしまうような心配もなくなりました。


EDIROL R-09HR
オプションのカバーなどを追加することで、マイクスタンドに取り付けて高い位置から狙うこともできる
また、R-09HRを高い位置に取り付けて録音することで、オーケストラの音をキレイに拾ったり、グランドピアノの音をリアルにレコーディングすることができるのですが、手が届かない位置であっても、リモコンであれば難なく操作できるというメリットもあります。


AGCやリミッター、ローカット機能も搭載


EDIROL R-09HR
液晶パネルと本体背面のスイッチでリミッターやローカットなどの設定が行える

ところで、リニアPCMレコーダーが、会議録音用などのICレコーダーと大きく異なる点の一つに音量設定があります。ICレコーダーの場合、音量は自動的に調整されるので、簡単で便利ですが、小さい音も大きい音も同程度の音量になってしまうため、音楽には向いていません。

それに対しリニアPCMレコーダーでは、音量を手動で設定するようになっているのですが、突然大きな音が入ると、レベルオーバーして、ノイズになってしまうリスクがあります。そこで、R-09HRにはリミッター機能というものが搭載されており、これをオンにしておけば、突然の過大音量が来ても大丈夫です。また、ICレコーダーのように自動音量調整をするAGC(Auto Gain Control)という機能も実装されているので、さまざまな使い方が可能です。

さらにローカットといって、非常に低い音をカットする機能も用意されています。

ポータブルレコーダーを手に入れたら効果on!に参加しよう! ポータブルレコーダーでの参加者急増中!貴方も録音して投稿してみては!?


PCMレコーダーの本命、EDIROL R-09HR登場 [EDIROL]

現実と錯覚する、驚くほどの高音質


R-09HRに限らずとも、これらリニアPCMレコーダーは、触れたことのない人にとっては、かなり驚く機材です。OLYMPUSのVoiceTrekシリーズなど、会議録音用のICレコーダーを使った経験のある方は多いと思いますが、それらとはまったく異なる次元のレコーダーだからです。

試しに、R-09HRにヘッドホンをつけて、家の中や屋外において録音をスタートさせてみてください。周囲の音がヘッドホンをR-09HRそしてヘッドホンを介して聴こえてくるはずです。入力音量を大きくすると、普段はほとんど気にならない時計の針の音、パソコンのファンの音、また外では鳥の声やジェット機の音などいろいろと聴こえてきます。

そして、その音をそのまま録音すると、聴こえたまさにそのままの音で記録することができます。そしてその環境のまま再生すると、現実の音と、いま録った音の差がまったく分からないほどです。

たとえば野外でとった音を、家の中で再生すると、クルマの音や鳥の声などが、ドキっとするほどリアルに聴こえます。後ろに本当にクルマが来ているのではないかと振り返ってしまうでしょう。

2GBのSDカードに24bit/96kHzで55分収録可能


EDIROL R-09HR
本体に入れるSDカードに録音データを記録する。大容量のSDHCにも対応している。

このR-09HR、24bit/96kHzのWAVファイルだけでなく、24bit/48kHz、16bit/48kHz、またCDと同等のクォリティーの 16bit/44.1kHzなどを選択することができるともに、MP3での録音も可能です。MP3の場合、ビットレートとして64kbps、 96kbps、128kbps、160kbps、192kbps、224kbps、320kbpsから選択することが可能となっています。

単に会議を録音したいという目的であればMP3を使ってもいいですが、リアルに音を残したいというのであれば、やはりWAVファイルを使いたいところです。気になるのは、WAVファイルでどの程度の時間の録音ができるかでしょう。

R- 09HRはSDカードに録音をする形になっているのですが、もし最高品質の24bit/96kHzというのであれば2GBのSDカードで、約55分、 4GBのSDカードなら約110分となります。このSDカードの価格、メーカーやお店にもよりますが、価格はどんどん下がってきており、2008年3月現在、安いところなら2GBのものが1200円程度、4GBのSDHCカードでも3000円弱で販売されていますから、結構気軽に高品質な音でのレコーディングが楽しめます。

ポータブルレコーダーを手に入れたら効果on!に参加しよう! ポータブルレコーダーでの参加者急増中!貴方も録音して投稿してみては!?


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。